←prev entry Top next entry→
写真年賀状サンプル:ピアノ型写真フレーム
0
     写真年賀状のサンプルレイアウトです
    ちょっとイビツな写真フレームを使う場合の参考にして下さい

    ピアノ型の写真フレームをクールな年賀状|無料からダウンロードします

    ここではWord2010で作業していきます

    Wordのファイルをはがきサイズに、余白を全て0个棒瀋し、「挿入」タブの「図」をクリック、ダウンロードしたフレームを指定して挿入ボタンを押します
    (素材のダウンロードから挿入までの解説はWordで年賀状:写真フレームに詳しく記載されてます)
    ピアノ型写真フレーム

    挿入する写真画像も同様にして取り込みます
    挿入写真

    「オブジェクトの選択と表示」ボタンをONにしておくと作業がスムーズにいきます
    オブジェクト表示ボタン

    ↓のようなボックスが表示されますので、表示非表示、重ね順などをここで行います
    「写真」のファイルを選択し、最下部の▼を押して、「写真フレーム」の下へ移動させます
    オブジェクト管理1

    写真の位置をキーボードの↓↑→←を押して調整し、必要なら四隅の○ハンドルからドラッグしてサイズを拡大縮小します
    ファイル順序

    写真のフチを消すため、「図ツールー書式」タブのスタイルから周囲をぼかすスタイルを選びます(ぼかしが弱い、または強すぎる場合は「図の効果」プルダウンメニューから「ぼかし」を選んで調整して下さい)
    図ツール

    ぼかし後写真

    写真のフチが消えてきれいに収まりました
    ここに写真に添えるコメントを入力します
    (写真は3歳の七五三を迎えた娘のお宮参りの時のものという設定です)

    「挿入」タブの「テキストボックス」から「横書きテキストボックスの描画」を選び、テキスト入力のエリアをドラッグして指定します
    テキストボックス挿入

    「図の塗りつぶし」と「図の線」を「なし」にして、コメントを入力します
    コメント入力

    写真が少しぼけた感じなので、修正します
    「図ツールー書式」タブの「修正」プルダウンメニューから選んで修正します
    ここでは「シャープネス」をよりシャープに、「明るさ」を少し明るく、「コントラスト」も強めに設定しました

    写真の修整
    写真修正
    上の修正前の写真と比べて、明るくはっきりしたことが分かりますか?
    これでレイアウトサンプルは完成です
    年賀状完成
    | ddbank | 写真年賀状 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://blog.nengajo-sakusei.com/trackback/12