←prev entry Top next entry→
年賀状素材のレイアウトを変えてオリジナル年賀状作成
0
    無料の年賀状素材で、年賀状テンプレートの構図だけ変えたい場合の加工方法です
    JUGEMテーマ:手紙(葉書、年賀状、絵手紙、暑中見舞い、寒中見舞い)

    年賀状素材サンプル1 左図の年賀状素材サンプルは渋系年賀状素材の2014年賀状テンプレートに掲載された写真年賀状の作成見本です

     例えば、この年賀状素材の大体の雰囲気は気に入っているけれども、このまま使うには不満があるというケースを想定してみましょう

     変更したい項目
     ◇横書きでなく、縦書きにしたい
     ◇花車のイラストを小さめにして、写真を目立たせたい
     ◇挨拶文を書くエリアを広げ、差出人情報も入れたい

     この3項目をクリアした、年賀状を作成していきます

     花車の年賀状イラストは渋系年賀状素材に別個にアップされていますので、無料ダウンロードして利用します

     Wordを起動させて「ページレイアウト」タブから「サイズ」をはがきに、「余白」を全て0个棒瀋蠅靴討きます

    年賀状素材の無料ダウンロードからファイル設定までの流れは、Wordで年賀状作成|ワードで年賀状の文面作成で詳しく解説しています

    最初に年賀状素材の背景となるグラデーションを作成しましょう

    Wordメニューの「挿入」タブから「図形」⇒「長方形」を選びます
    ファイル全体をドラッグして、はがきサイズの長方形を描画します

    この図形を選択した状態で「図形の枠線」を「線無し」に設定
    「図形の塗りつぶし」に線形グラデーションを適用します

    年賀状背景のグラデーション設定
    このように設定しました

    年賀状素材の背景グラデーション適用後

    年賀状素材の背景ができあがりました

    Wordの「挿入」タブで「図」をクリックして、無料ダウンロードした花車の年賀状素材をファイル上に取り込みます

    花車の年賀状イラスト挿入

    写真が年賀状素材ファイルの下に隠れますが、あわてて選択を解除せずにそのままで「位置」のプルダウンメニューから適当な場所を選んでクリックすればファイル上に現れますので、更にドラッグして適正な位置に移動させます

    年賀状素材の配置

    花車の年賀状素材と同様にして写真を挿入します

    年賀状素材に写真を挿入

    写真を年賀状素材の上に挿入したら(必要に応じて)角の○ハンドルにポイントしてshiftキーを押しながら拡大縮小し、適切な位置に配置します

    年賀状の写真を加工
    家族写真を選択した状態で図ツール「書式」をクリック、「図のスタイル」の右端下の▼を押して全スタイルを表示させます(それぞれのスタイルにポイントすると、年賀状素材ファイル上の写真に適用されます)

    今回は上段の「角丸四角形 反射付き」を選びました

    年賀状素材と写真を配置

    年賀状素材とのバランスを見ながら位置を調整して下さい

    他の効果を使いたい場合は「図の効果」のオプションで細かい修正が可能です
    詳細はこちらの記事にあります

    Wordの「挿入」タブから「縦書きテキストボックスの描画」を選んで、賀詞を作ります

    Word「描画ツール―書式」メニューの「ワードアートのスタイル」右端下の▼を押して全スタイルを表示させて最下段の「塗りつぶしオレンジ・・・」を適用させました

    年賀状賀詞の加工

    フォントは毛筆タイプ、34ptに設定しています

    年賀状の賀詞「謹賀新年」入力

    再度、Wordの「挿入」タブから縦書きテキストボックスを選んで、年賀状素材の上に挨拶文を入力していきます⇒ この手順はWordで年賀状|挨拶文の作成に詳しく解説されています

    年賀状の挨拶文を入力

    挨拶文を入力するエリアが広めにとってあるので、挨拶文と差出人の住所氏名・連名まで十分に入力できると思います

    年賀状素材の完成サンプルはこちらです

    年賀状素材の構図変更例

    冒頭に掲載した無料の年賀状素材と同じ雰囲気を保ちつつ、家族写真を目立たせて、挨拶文+差出人住所氏名・連名を入力できました

    このやり方なら年賀状素材の自由なレイアウトが可能ですから、試してみて下さい

    参加しております m(_ _)m にほんブログ村 手紙・はがき
    | ddbank | Wordで年賀状 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://blog.nengajo-sakusei.com/trackback/36